借金の返済に不動産担保ローンを利用しました

不動産担保ローンは低金利で高額のローンを長期で組める

不動産担保ローンで借金のおまとめ | 不動産担保ローンは低金利で高額のローンを長期で組める | 借金管理からのストレスから解放

不動産担保ローンは低金利で高額のローンを長期で組めるというメリットはありましたが、実際に申し込んでみるとまず融資までに若干時間がかかり、自分の場合にはひと月ほどかかったように思います。
それで提出する書類などもけっこうあり、事務手数料や登記費用、それに印紙税などもかかりました。
他にもかかることがあるようでしたが自分の場合にはこれだけでした。
事務手数料は借り入れ金の2パーセントから3パーセントほどで、登記費用は4万円ほどかかりました。
今は本当にお金のない状態でしたので、このような細かい出費もかなり負担に感じましたが、なんとか支払い、手続きを済ますことができました。
私は住宅ローンは終わっていましたが、もし残っているときでも不動産担保ローンは利用できると聞いて驚きました。
ただ住宅ローンを借りたばかりではあまり価値がないとみなされるようで、4割ほどは支払い終わっていないと借りるのは難しいと聞きました。
書類も多かったんですが、抵当権などの設定などもあり、色々と勉強になりました。
月々の返済額は6万円弱ほどで、それを60回で支払っていくことになりました。
複数あった借金をひとまとめにできましたので、返済日も月に一回となりお金の管理もしやすくなりましたし、これまでは毎日返済の金額や返済日のことで頭がいっぱいでしたが、そういったストレスからも解放されてよかったです。